16 Feb 2018

ピアノ&ベースデュオ


素晴らしいベーシスト安ヵ川大樹さんと初共演です!ぜひお越しください!!


◆2018年2月16日(金) 
ピアノ&ベースデュオ

荒野愛子 Piano
安ヵ川大樹 Bass

Open 18:30 / Start 19:30
Music Charge ¥2,800

吉祥寺ストリングス
武蔵野市吉祥寺本町2-12-13(TNコラムビル地階)
0422-28-5035

3 Feb 2018

Piano Meeting in Daikanyama PHOTO

1月27日に行われたPiano Meeting in Daikanyama vol.1の模様です。

須藤信一郎
荒野愛子
酒井麻由佳
(演奏順)

Photo by bozzo http://www.bozzo.jp





















29 Jan 2018

Piano Meeting in Daikanyama vol.1終了

昨日はPiano Meeting in Daikanyama vol.1にお越しくださった皆様、ありがとうございました。
事前に当日の演奏順はくじ引きでとお知らせしていましたが、結果は、トップバッター須藤さん、2番目が荒野、トリが酒井さんの順でした。
それぞれのオリジナル曲を中心に30分ずつ演奏、見事に三者三様のピアノの響きでした。
お客さんと一緒に私もお二人の演奏を客席で楽しませていただきました。
トップの須藤さんの演奏は、ジャズという形態が軸にはなっていますが、クラシック、タンゴと普段様々な音楽を演奏されている須藤さんならではの、技が光った素晴らしい演奏でした。
トリを務めていただいた酒井さんは、作曲の技術に裏付けされた楽曲の素晴らしさは言うまでもなく、その深い和音がピアノの響きを立ち上げていたように思いました。
お二人とも、heart to heartの本当に良い音楽していらっしゃるんです。ピアニスト同士の共演はそうあることではないので、今回お二人にとても刺激もらいました。ありがとうございます!
最後に須藤さんがアレンジしてくださった6手連弾もしましたよ!楽しかった!
この企画はまたできたらいいなと思っています。今回聴き逃した方、次回を楽しみにしてください。

写真を森ボッゾさんに撮っていただきました。他の写真も届いたらまた紹介させていただきます。
また、ステージを支えてくれたえみちゃん、受付をやってくれた聖ちゃん、ありがとうございました!

photo by bozzo

photo by bozzo

photo by bozzo

18 Jan 2018

Piano Meeting in Daikanyama vol.1

























東京、名古屋で活躍中の3人のピアニスト/作曲家によるジョイントコンサート。
1914年製NYスタインウェイを使用し、それぞれのオリジナル曲を演奏します。
スペシャルな企画です!お聴き逃しなく!!


★★2018年1月27日(土) ★★
The Music meets Piano
「Piano Meeting in Daikanyama Vol.1」

須藤信一郎 Shinichiro Sudo
酒井麻由佳 Mayuka Sakai
荒野愛子 Aiko Kono

Open 17:00 / Start 17:30
Ticket ¥3,800

代官山教会
渋谷区代官山町14-3

チケット・問い合わせ cafecatsmusic@gmail.com
主催 Cafecats Music

6 Jan 2018

2018年の始まりに

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

昨年は月に一本くらいのペースで演奏活動を続けていました。
とりわけ昨年から始めたベース、ドラムとのリーダートリオは新たな可能性を見出せた活動でした。今年も三ヶ月に一度くらいのペースでトリオのライブをしたいです。そのほかに新しいアンサンブルにも出会えるといいなと思っています。
そして昨年はとても優れたチームでレコーディングができました。出来上がりは最高のものです。今年中にそれをリリースします。
それから何と言っても二ヶ月のヨーロッパの旅は思った以上に自分を成長させてくれるものでした。素晴らしい出会いがたくさんあり、感動の連続でした。
ヨーロッパの友達と過ごす時間や、ヨーロッパのそれぞれの国の人たちの生活、またヨーロッパに暮らす日本人の生活を見て通して、学ぶことが多かったです。
人から学ぶことがすべて自分を作ると思っています。音楽家にとっては特に、見るもの接するものがそのまま栄養になっていきます。旅は、最も栄養価が高く、即効性があり持続性もある、素晴らしいものです。今年もできるだけ旅をしたいです。そして古いものを学んで新しいことを吸収したい。そう思っています。

新年に読んだ茨木のり子さんの詩が心に引っかかったので一部を転載します。

一人一人の顔は
遠い遠い旅路の
気の遠くなるような遥かな道のりの
その果ての一瞬の開花なのだ
(茨木のり子詩「顔」より)


10 Dec 2017

エアジンでのライブ

昨日はエアジンでのトリオライブでした。お越し下さった皆さまありがとうございました!
このトリオでのライブは4回目、エアジンは半年ぶりでした。
トリオの演奏は回を増すごとに良くなっていますし、半年前にエアジンで聴いてくれたお客さんが、前回よりだんぜん楽しかったとおっしゃってくださいました。嬉しい!
このトリオのために曲を書くのは本当に楽しくて、ベースの鴻野くんもドラムの吉島くんも難しい曲に一緒にチャレンジしてくれて、この環境がなければ今書いているような曲は絶対書かないので、ありがたいです。

そして、エアジンはやっぱり素晴らしいライブハウスだなと改めて思いました。私にとってはとても演奏しやすい場所です。生音で反響音も少なく音がクリアに聴こえますし、一番後ろでマスターが座って聴いてくださっているのも緊張感がありそれがまた良いのです。

作曲は今とても楽しくて、私は基本的に人と編成が決まった上で作曲をするのですが、いろんなフォーメーションで試さないといけないなぁというのはここ最近感じています。
クラシックの編成、バンドの編成、デュオ、トリオ、それ以上の大きな編成、いろいろやることで作曲の幅が広がり、自分のチャレンジ精神の維持もできるのかなと思います。
来年は時間をかけて作曲ができる環境作りをしたいと考えています。とても大変なことですが、そこを優先にして行動をすることが今はいいんじゃないかなと、そんな気がしています。

-------------
昨日のセットリストです。
-1st-
Crossing
Arabesque
組曲「ベルギーの思い出(仮)」
第1曲 Time in motion
第2曲 African Lady
第3曲 mysterious Dan(新曲)
Crows at noon

-2nd-
Samurai
幻影
Barcarolle
Spinners(新曲)
Dearmiss

-encore-
en

All songs by Aiko Kono
Bass:Satoshi Kouno
Drums:Tomohito Yoshijima




29 Nov 2017

前原さんとのデュオ

先週の土曜日はGuitar前原孝紀さんとのデュオ@Apple Jumpでした。
前原さんとは二度目でしたが、今回もとても良い雰囲気でできました。二人の曲を半分ずつやりました。前原さんの曲はやはり"JAZZ"でムズカシイ!でもどれもとっても良い曲で大好きです。またやりたいです!

セットリストです

1st
Arabesque/Kono
行進/Maehara
Time in motion/K
3-4/M
E minor/M
en/K

2nd
Samurai/K
Ralph/M
ゴーカート/M
Barcarole/K
Classical/M
Crossing/K

encore
My song/Keith Jarrett

Photo by Hiroshi Seki

12 Aug 2017

ヨーロッパ旅の記録〜プラハ滞在

8月11日
ヨーロッパへ来てから最初に出会った仲間、それも愛すべき仲間たちと別れて、今日からしばらく一人になる。次の滞在先はブリュッセルの予定だったが、滞在させてもらう約束をしている友人が出かけていて戻るまで3日ほどあったので、プラハに行くことにした。チューリッヒから飛行機で移動した。電車の切符や航空券の手配は全てインターネットでできてしまうのですごく楽だ。ヨーロッパ内の主要都市間だったら航空券も安い。
新しい街に着いたときは、まず空港から市街に出るにはどうしたらよいかで緊張する。事前にインターネットで調べたら、プラハは空港から市街に出る直通の電車などがないということだ。バス、地下鉄を乗り継がねばならない。おまけに公共の案内板は全てチェコ語。民主化してから久しいし、観光客も増えただろうに、このわかりにくさは何だろうか。単語の一つも理解できないというのはこんなに不安なものか。しかし人に聞けば英語は通じるので、難なく市街に出ることができた。
プラハはさすがに建物がきれいで街並みも雰囲気がある。しかし私の重たいスーツケースを石畳の上で必死に転がさなければいけないのは、雰囲気台無しだった。
ホテルは中心地にあるがリーズナブルで感じもよく、まずまずだった。インターネット様様だ。荷物を置き早速街を散策。有名なブルタバ川、カレル橋へ行って驚いた。満員電車のような人、人、人。夏の一番いい時期に来てしまったらしい。景色は素晴らしいが人ごみは苦手なのだった。
チェコはビールが美味しくて水より安いと聞いていた。市街地にはたくさんのパブやレストランがひしめいているが、一人ではなかなか入りづらく、人の少ない裏通りの古そうなレストランに入った。こういった店の方が伝統的な料理が食べられると思ったからだ。チェコワインと肉料理をいただいた。家庭的な良いレストランだった。
旅では、一人の食事はさみしい。周りは家族づれやカップル、友達同士の旅行者がほとんどだからなおさらだ。ホテルに戻って早めに休む。

8月12日
せっかくプラハに来たので、ピアノメーカーPETROFのショールームへ行ってみることにした。日本ではピアノプレップさんでいつも状態の良いPETROFを弾かせてもらっていたから、すっかりPETROF社のピアノのファンになっていた。プラハ市内のPETROF社は、これまた日本で言ったら街の〇〇楽器店みたいな、本当に小さなショールームだった。グランドとアップライトが数台あり、全て弾かせてもらった。お店の人に、「フルコンが弾きたいんだけど」と言ったら、本社工場に行けば弾けるよと、本社の人に繋いでくれた。人も対応も良い。PETROFはチェコを代表するピアノメーカーで、職人が手作業で一台一台作っている。国内にあるピアノはほぼPETROFなのではないかと思う。チェコといえばスメタナ、ドヴォルザーク(大好き)という大作曲家が生まれた国でもある。雄大なブルタバ川とボヘミアの深い森から生まれた音楽はどことなく懐かしさがある。ウィーンやパリとはまた雰囲気が違うが、ここも音楽の都だ。

PETROFの本社の人とメールでコンタクトを取る。明日は日曜で休みで、月曜なら見学できるとのこと。しかし月曜にはブリュッセルに行くことにしていたので、スケジュール的に厳しく行くことを断念。ピアノ制作現場も見たかったので残念だが、今回見られなかったのは次回があるということだろう。
プラハは建物が美しい。そしてブルタバ川沿いの夜景は本当に見事だ。こんなに美しい夜景を一人で見ていると、余計にさみしさが募る。スイス、イタリアでの仲間との時間を思い出す。人が多いのもなんだか耐えられなくなってしまい、明日発とうと決める。少しセンチメンタルなプラハ滞在だった。

ブルタバ川

美しい夜景

石造りの教会


カレル橋



8 Aug 2017

ヨーロッパ旅の記録〜Zurich, Lucernで過ごす

8月8日
一週間前にSienaへ来た道程を戻り、Firenze→Milano→Zurichへ。列車でトータル約700km、8時間の旅。早朝に出て夕方Zurichに着く。気温差20度以上。今夜はNikのワークショップで出会った仲間の家に泊めてもらう。一週間ぶりの仲間達が懐かしく嬉しい。友人はフラットのワンフロアを別の人とシェアしている。ヨーロッパではシェアルームが当たり前だ。作りも始めからそのようになっていて、3〜4部屋のベッドルームと共有キッチンとリビング、バスルームがある。この日はホームパーティの予定だったようで、たくさんの人がリビングに集まって一緒に食事をした。誰が住人で誰がゲストなのかさっぱりわからなかった。ワークショップの連中はもちろんセッションを始める。
ワインと仲間との再会が旅の疲れを癒してくれた。





















8月9日-10日
Zurichから1時間ほど電車に乗りLucernへ。二日間観光する。Lucernは湖と運河の街だ。スイスはたいてい天気が悪い。こちらでは天気が良いと言うかもしれない明るい日も雲が切れることはない。少なくとも私が滞在していたときは曇り空が普通で、雨も多かった。Lucernで街を歩くときも、時折ウィンドブレーカーのフードを被る必要があった。
スイスはヨーロッパで最も物価が高いと言われているが、外食は特に値が張る。しかし一度はスイス料理を食べたいので、奮発してスイスの伝統料理を出してくれるレストランに入った。スイスでは、牛、羊、鶏などの肉をメインで食べるようで、それにこってりしたホワイトソースかチーズがたっぷりかかっている。付け合わせはジャガイモ。全体的にボリュームがある。味付けには何か目立った特徴があるわけではないが、肉や乳製品は新鮮で素材がよく、とても美味しかった。パン、ワインはもちろん美味しい。
LucernではSusanneと再会した。彼女のホームタウンはここだ。昨日まで40度の灼熱の世界にいたなんて信じられないね、とお互いに笑った。ヨーロッパは少し移動するだけで気候や景色がまるで異なるから陸の旅は面白い。
Susanneが教えている音楽学校を案内してくれた。とても小さな、音楽学校には見えないような建物だ。それから少し離れた丘の上にあるクラシックの音楽学校の校舎にも案内してくれた。建物は中世にタイムトリップしたような高貴な雰囲気。木造の造りで、レッスンルームは数部屋しかないが、どの部屋にも素敵なスタインウェイ、ベヒシュタインが置いてある。こんなところで音楽を学べる学生は羨ましいとしか言いようがない。
Susanneのお気に入りの場所だという、湖と街が見渡せるベンチに座り、コーヒーを飲みながらしばらく話した。音楽の話やスイスでの暮らしの話をしてくれたが、彼女の生き方は実にシンプルでまっすぐだ。何も特別なことはなく、やるべきことだけをまっすぐに見つめて生きていけることは、私の理想だ。美しい景色に美しい時間はあっという間に過ぎる。
明日にはスイスを離れ、次のセクションが始まる。

ルツェルン湖

丘から眺めるルツェルン湖

Meggenhorn城

音楽学校