16 Feb 2018

ピアノ&ベースデュオ


素晴らしいベーシスト安ヵ川大樹さんと初共演です!ぜひお越しください!!


◆2018年2月16日(金) 
ピアノ&ベースデュオ

荒野愛子 Piano
安ヵ川大樹 Bass

Open 18:30 / Start 19:30
Music Charge ¥2,800

吉祥寺ストリングス
武蔵野市吉祥寺本町2-12-13(TNコラムビル地階)
0422-28-5035

3 Feb 2018

Piano Meeting in Daikanyama PHOTO

1月27日に行われたPiano Meeting in Daikanyama vol.1の模様です。

須藤信一郎
荒野愛子
酒井麻由佳
(演奏順)

Photo by bozzo http://www.bozzo.jp





















29 Jan 2018

Piano Meeting in Daikanyama vol.1終了

昨日はPiano Meeting in Daikanyama vol.1にお越しくださった皆様、ありがとうございました。
事前に当日の演奏順はくじ引きでとお知らせしていましたが、結果は、トップバッター須藤さん、2番目が荒野、トリが酒井さんの順でした。
それぞれのオリジナル曲を中心に30分ずつ演奏、見事に三者三様のピアノの響きでした。
お客さんと一緒に私もお二人の演奏を客席で楽しませていただきました。
トップの須藤さんの演奏は、ジャズという形態が軸にはなっていますが、クラシック、タンゴと普段様々な音楽を演奏されている須藤さんならではの、技が光った素晴らしい演奏でした。
トリを務めていただいた酒井さんは、作曲の技術に裏付けされた楽曲の素晴らしさは言うまでもなく、その深い和音がピアノの響きを立ち上げていたように思いました。
お二人とも、heart to heartの本当に良い音楽していらっしゃるんです。ピアニスト同士の共演はそうあることではないので、今回お二人にとても刺激もらいました。ありがとうございます!
最後に須藤さんがアレンジしてくださった6手連弾もしましたよ!楽しかった!
この企画はまたできたらいいなと思っています。今回聴き逃した方、次回を楽しみにしてください。

写真を森ボッゾさんに撮っていただきました。他の写真も届いたらまた紹介させていただきます。
また、ステージを支えてくれたえみちゃん、受付をやってくれた聖ちゃん、ありがとうございました!

photo by bozzo

photo by bozzo

photo by bozzo

18 Jan 2018

Piano Meeting in Daikanyama vol.1

























東京、名古屋で活躍中の3人のピアニスト/作曲家によるジョイントコンサート。
1914年製NYスタインウェイを使用し、それぞれのオリジナル曲を演奏します。
スペシャルな企画です!お聴き逃しなく!!


★★2018年1月27日(土) ★★
The Music meets Piano
「Piano Meeting in Daikanyama Vol.1」

須藤信一郎 Shinichiro Sudo
酒井麻由佳 Mayuka Sakai
荒野愛子 Aiko Kono

Open 17:00 / Start 17:30
Ticket ¥3,800

代官山教会
渋谷区代官山町14-3

チケット・問い合わせ cafecatsmusic@gmail.com
主催 Cafecats Music

6 Jan 2018

2018年の始まりに

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

昨年は月に一本くらいのペースで演奏活動を続けていました。
とりわけ昨年から始めたベース、ドラムとのリーダートリオは新たな可能性を見出せた活動でした。今年も三ヶ月に一度くらいのペースでトリオのライブをしたいです。そのほかに新しいアンサンブルにも出会えるといいなと思っています。
そして昨年はとても優れたチームでレコーディングができました。出来上がりは最高のものです。今年中にそれをリリースします。
それから何と言っても二ヶ月のヨーロッパの旅は思った以上に自分を成長させてくれるものでした。素晴らしい出会いがたくさんあり、感動の連続でした。
ヨーロッパの友達と過ごす時間や、ヨーロッパのそれぞれの国の人たちの生活、またヨーロッパに暮らす日本人の生活を見て通して、学ぶことが多かったです。
人から学ぶことがすべて自分を作ると思っています。音楽家にとっては特に、見るもの接するものがそのまま栄養になっていきます。旅は、最も栄養価が高く、即効性があり持続性もある、素晴らしいものです。今年もできるだけ旅をしたいです。そして古いものを学んで新しいことを吸収したい。そう思っています。

新年に読んだ茨木のり子さんの詩が心に引っかかったので一部を転載します。

一人一人の顔は
遠い遠い旅路の
気の遠くなるような遥かな道のりの
その果ての一瞬の開花なのだ
(茨木のり子詩「顔」より)


10 Dec 2017

エアジンでのライブ

昨日はエアジンでのトリオライブでした。お越し下さった皆さまありがとうございました!
このトリオでのライブは4回目、エアジンは半年ぶりでした。
トリオの演奏は回を増すごとに良くなっていますし、半年前にエアジンで聴いてくれたお客さんが、前回よりだんぜん楽しかったとおっしゃってくださいました。嬉しい!
このトリオのために曲を書くのは本当に楽しくて、ベースの鴻野くんもドラムの吉島くんも難しい曲に一緒にチャレンジしてくれて、この環境がなければ今書いているような曲は絶対書かないので、ありがたいです。

そして、エアジンはやっぱり素晴らしいライブハウスだなと改めて思いました。私にとってはとても演奏しやすい場所です。生音で反響音も少なく音がクリアに聴こえますし、一番後ろでマスターが座って聴いてくださっているのも緊張感がありそれがまた良いのです。

作曲は今とても楽しくて、私は基本的に人と編成が決まった上で作曲をするのですが、いろんなフォーメーションで試さないといけないなぁというのはここ最近感じています。
クラシックの編成、バンドの編成、デュオ、トリオ、それ以上の大きな編成、いろいろやることで作曲の幅が広がり、自分のチャレンジ精神の維持もできるのかなと思います。
来年は時間をかけて作曲ができる環境作りをしたいと考えています。とても大変なことですが、そこを優先にして行動をすることが今はいいんじゃないかなと、そんな気がしています。

-------------
昨日のセットリストです。
-1st-
Crossing
Arabesque
組曲「ベルギーの思い出(仮)」
第1曲 Time in motion
第2曲 African Lady
第3曲 mysterious Dan(新曲)
Crows at noon

-2nd-
Samurai
幻影
Barcarolle
Spinners(新曲)
Dearmiss

-encore-
en

All songs by Aiko Kono
Bass:Satoshi Kouno
Drums:Tomohito Yoshijima




29 Nov 2017

前原さんとのデュオ

先週の土曜日はGuitar前原孝紀さんとのデュオ@Apple Jumpでした。
前原さんとは二度目でしたが、今回もとても良い雰囲気でできました。二人の曲を半分ずつやりました。前原さんの曲はやはり"JAZZ"でムズカシイ!でもどれもとっても良い曲で大好きです。またやりたいです!

セットリストです

1st
Arabesque/Kono
行進/Maehara
Time in motion/K
3-4/M
E minor/M
en/K

2nd
Samurai/K
Ralph/M
ゴーカート/M
Barcarole/K
Classical/M
Crossing/K

encore
My song/Keith Jarrett

Photo by Hiroshi Seki

7 Aug 2017

ヨーロッパ旅の記録〜Siena一週間の終わり

8月6日
ワークショップも残すところあと2日。いつも通り午前と午後の授業があり、夜には学生たちのコンサートだ。
このワークショップはトータルで二週間行われていて、前半と後半で講師が入れ替わる。なのでフルで参加している学生は前半に二つのコンボ、後半に二つのコンボのクラスがあり、それぞれにかなりの曲数と課題が出され忙しそうだったが、魅力的な講師陣や仲間たちとのひと夏の時間を謳歌しているようだった。ほとんどは10代か20代の学生だった。
エアジンの梅本さんのお友達がちょうどSienaにいると聞き、すぐに連絡を取り、今夜の学生たちのコンサートに一緒に行くことにした。カンポ広場で待ち合わせをした。クラシックのヴァイオリニスト小笠原伸子さんとピアニストの岡部由美子さん。思いがけず日本人と、しかもここSienaで会えるなんて思わなかったからとても嬉しかった。彼女たちは夏のヴァカンスとご自身のコンサートのため毎年Sienaに訪れているという。イタリア語も堪能だ。
コンサートはカンポ広場のある中心部から少し外れたところにある丘の上で行われた。野外ステージが組まれ、皆お酒を飲みながらコンサートを楽しんでいた。Sienaの美しい夜景も一望できる最高のロケーションだ。
私は一週間聴講していたコンボの学生たちの演奏がとても楽しみだった。とてもレベルの高い学生たちの演奏。Susanneのクラスのguysの演奏もとても良かった。コンサートでは講師もコンボに加わり演奏するので、Susanne自身の歌声も聴くことができて感動した。
日本からのお友達もSusanneに紹介した。Susanneはイタリア語が話せるので、彼女たちとイタリア語で会話をしていた。
Susanneは1日目の演奏を終えてやや興奮気味で、学生たちの演奏をもう少し聴いていくというので私も付き合った(コンサートは夜遅くまで続く)。素晴らしいミュージシャンは皆そうだが、どんな音楽も分け隔てなく熱心に聴く。ヴォーカルクラスで教えていた生徒たちの演奏を聴いては彼女たちに声をかけたり感想を言っていた。そういった細かい気遣い一つ一つに感動する。
コンサート後、Susanneと歩きながら帰った。私は今日のコンサートの感想を述べた。彼らが初めは授業を退屈そうにしていたこと、そのうちに音楽にのめり込んでいったこと、その変化を導いた彼女の素晴らしさ、そういうことを下手な英語で伝えた。音楽を共有するということは、お互いの理解を深め合うということだ。Nikのワークショップでも感じたことだが、ヨーロッパの人は共有することが基本にあって、その共有する時間や物事をいかにお互いにとって有効で快適なものにするかを徹底的に話し合う。あなたはどう思う?と常に問いかけ、問いかけられるのだ。素晴らしい文化だと思った。
Susanneも熱っぽくいろんなことを話してくれた。夜の灯りに照らされた美しい旧市街の街並みが私たちをより親密にしてくれた。こんな素敵な夜は忘れられないだろう。

8月7日
いよいよワークショップ最終日だ。学生たちは昨夜のコンサート、それから今夜のコンサートの準備もあり皆疲れていて、朝の授業はまばらだった。昨夜コンサートを終えたSusanneのコンボクラスのメンバーは元気に授業にやってきて、昨夜の感想を言い合っていた。最後のクラスなので、学校の前のカフェに行こうということになった。イタリア人はとにかくよく喋る。ヨーロッパの人は喋ることが基本にあるが、イタリア人は特にお喋り好きだ。だから、イタリアではイタリア語を話すことが必須なのだ。Susanneの母国語はドイツ語だが、イタリア語、フランス語、英語、たぶんオランダ語も話せる。彼らとは英語で話していた。バンドメンバーはすっかりSusanneを慕っているのが話している様子でよくわかった。
ここへ来るまでは、彼女がどんなふうに話し、どんなふうに考え、どんなふうに人と接するのか、ほとんど知らなかった。しかし彼らのように、ひとたび彼女のことを知ると、その魅力に引き込まれてしまう。そういう人だ。
午後のクラスはいくつかのクラスが合同になり、なんと講師陣のセッションが聴けた。NYで活躍している黒人ミュージシャンと一緒にSusanneは'Round midnightを歌った。なんというサプライズだろう。私はこの瞬間彼女をより一層誇らしく思った。
ジャズという音楽は今はアメリカの音楽だけを指すわけではないが、アメリカの文化の中で成熟した経緯があるため、ある種民族音楽的な側面もあり、言語で言えばアメリカ英語の音楽である。母国語圏の人の話すジャズ語とそれ以外の人が話すジャズ語にはやはり違いがあるように思う。彼女はヨーロッパで活動しているので普段ネイティブのジャズメン(あえて言えば)と一緒に演奏することはあまりない。彼女もそのことは認識しているし、ネイティブの彼らに対しては一目置いてリスペクトしていたように思う。しかし彼女のジャズ音楽に対しての造詣の深さは彼らに劣るものではないということははっきりとわかった。このことも後でSusanneと話した。
夜はコンサートの二日目。小笠原さんと岡部さんも再び合流した。今夜はSusanneが最も手を焼いていたもう一つのコンボクラスの演奏があった。こちらのクラスは皆若く演奏も未熟で、Susanneは仕上がりを心配していた。しかしSusanne独特のやり方で、味わい深い良い音楽に仕上がっていた。こういった一つ一つの過程を見ていくと、教師として教えるということは、音楽の知識だけでなく、プロデュース能力、コミュニケーション能力、忍耐強さ、学生に慕われるべき人格を備えていないとできない。だから彼女は毎年この学校の講師に招かれているのだ。私が彼女の音楽に惹かれる理由の裏側にはこんな側面があったのかと、驚きの連続の一週間だった。
この日のコンサートの後も、二人で美しい旧市街を歩きながら帰った。私は昼間のセッションの出来事や、今夜のコンサートのこと、一週間のこと、少ないボキャブラリーの中でたくさん話したように思う。彼女も熱を込めていろんなことを話してくれた。こうして彼女と親密に話せているこの瞬間を、日本にいたときに想像できたろうか。遠くまで、本当にはるばる、灼熱のSienaまで来て本当に良かった。
少しハードだったけれど、夢のような一週間はあっという間に過ぎた。明日は再びZurichに戻る。

学生たちの演奏

スザンヌのクラスの学生

美しい夜の街並み

3 Aug 2017

ヨーロッパ旅の記録〜Sienaでの日々

Sienaの学校では外が40度あるにも関わらず、エアコンがない。しかも空調、扇風機の類を嫌うシンガーのクラスでは無風で授業が行われていた。午前中はまだいいが、午後になると誰もがその暑さに疲れていた。
私は毎日授業が終わるとレッスン室を借りて練習をしてから家に帰っていた。帰り道はすっかり疲れてしまい、辛いものやしょっぱいものが食べたくなる。そんなときに助かるのが中華料理だ。幸い家の近くに中華料理店があり、入ってみたらまずまずの味だったので、そこには数回通った。でもここはイタリア、餃子はラヴィオリ、中華麺はスパゲッティと表記され、中国人の店員もイタリア語がとても上手だった。イタリア、特に田舎の地域では英語が通じない。イタリア人とコミュニケーションをとるためにはイタリア語を学ぶことは必須だ。

ここSienaは、中世の街並みがそのまま残っている。かつては経済の豊かな有力都市国家だった。北からローマへ巡礼をする人々の通過点でもあった。旧市街は広くてまるで迷路のように深く入り組んでいる。一度迷い込んだらなかなか出られない。
Siena Jazzのワークショップが行われている期間は、講師陣によるコンサートが毎夜行われていた。それも、この旧市街の歴史ある建物や、野外広場で開かれていた。観光客も多いこの時期、街は賑わっていた。

カンポ広場に建つ市庁舎

カンポ広場はすごい賑わい

Duomo di Siena

旧市街の街並み

Chinese Cold Spaghetti


 レッスン室


旧市街