25 Mar 2013

録音終了

先日、二回目の録音が終わりました。
前回クラリネットの入る曲を録ったので、今回はピアノソロの曲のみでした。

今回ご縁があって弾かせていただいた楽器は、フランスのラモー(RAMEAU)というピアノでした。
プレイエルが一時倒産し、ラモーという名前で売っていた頃のピアノで、中身はプレイエルということなんですが、大変個性のある愛らしい楽器でした。
調律師さんが時間をかけて調整してくださって、とても魅力ある音に仕上げていただきました。
ただ、とても敏感で特徴のある楽器なので、曲によって微妙な調節が必要で、そのあたりはとても苦労しました。

今はエンジニアさんと相談しながら、最後の調整作業に入っています。
実際CDになってお聴かせできるのはもう少し先になりそうですが、出来上がりを楽しみにしていただけたら嬉しいです。

(調律師三矢さん、私、クラリネット新實さん、エンジニア迎谷さん)











No comments:

Post a Comment