2 Aug 2017

灼熱のSiena

8月2日
Sienaに着いて驚いた。灼熱と言っていい今まで経験したことのない暑さ。気温40度。イタリアのほぼ真ん中、トスカーナ地方の中央に位置するSienaは旧市街がそのまま残る美しい街だ。どことなく南国の雰囲気もある。しかしこんなに暑いとはびっくりした。
Sienaではジャズの学校に通っているAressandroという学生の部屋を一週間借りることができた。インターネットがあって有り難かったのが、こういった手配を事前にできたことだ。Sienaに着き、Aressandroのアパートで彼が迎えてくれた。これから実家に帰るとのことで、車に荷物をたくさん積んでいるところだったので私も少し手伝った。一段落したところで彼がランチにパスタを料理してくれた。男子学生の一人暮らしのアパートはきれいとは言えなかったが、さっと料理をふるまってくれるあたりに、イタリア人男性の感じの良い生活態度を見られた気がした。
食事しながら彼と話したが、Sienaは良いところだが夏は暑いし、娯楽はないしビーチはないし、ずっとここにはいたくないと言っていた。主要都市と地方都市の違いを不満と感じるのはどの国も一緒だと思った。特にミュージシャンは都市に出なければ仕事がないし当然のことだ。明日からワークショップを受けるSiena Jazz Universityはイタリアでは最も伝統があり、環境が整っている学校だそうだ。彼もここの学生で、イタリアの各地方からジャズを勉強する学生がここへやってくるという。
彼が帰省するのを見送り、さて、ここで一週間が始まるのか、と風のない部屋で鮮やかな青い空を窓から眺めた。




No comments:

Post a Comment